BCメモ

遊戯王のドラフトについてまとめるブログ

地属性ドラフトver5.00

bc58.hatenablog.com 

bc58.hatenablog.com

 

カード変更

画像付き更新リスト↓

地属性ドラフトカード更新ver5.00 - ガチャログ.com

 

レアリティ変更

レア→ノーマル

《ギャラクシー・サイクロン》 ×2

 

in

 

《執愛のウヴァループ》

《バトル・サバイバー》

《犬賞金》

《脆刃の剣》

《塊斬機ラプラシアン》

 

レア

《楽天禍カルクラグラ》

《崔嵬の地霊使いアウス》

《御影志士》

 

 

 out

《モーム》

《機関重連アンガー・ナックル》

《セラの蟲惑魔》

《スクラップ・エリア》

《機甲部隊の最前線》

《単一化》

《次元幽閉》 2→1

 

レア

《ブロックドラゴン》

 

地属性ドラフト・概要

bc58.hatenablog.com

bc58.hatenablog.com

 

基本ページにこのドラフトの概要について書かれていないことに気づいたので超今更ですが書いておこうと思います。

細かいルール説明は別ページにあるのでこのページではどんなドラフトなのかをざっくりと説明していきます。

 

ドラフトについて

遊戯王プレイヤーにはそもそもドラフトって何?って人も多いと思うのでまずはドラフトの説明についてして行きたいと思います。

 

ドラフトとは、

配られたカードを複数のプレイヤーで順番に選択していき、自分が取ったカードで即席のデッキを作ってゲームを行う

という遊びです。MtGではよく遊ばれている手法です。

 

即興でのデッキ構築能力が問われたり、普段は見向きもしないような意外なカードが強かったりするところが通常のデュエルにはない魅力です。

 

一般にMtGでは、ドラフトというと市販のパックを使って遊ぶブースタードラフトというものが主流なのですが、遊戯王でこれを行うのは難しいため、キューブドラフトという形式でよく遊ばれます。

 

キューブドラフトとは

キューブドラフトとは、「キューブ」と呼ばれるあらかじめ用意されたカード達の中からカードの束(パイルと言います)を作り、これを使ってドラフトを行います。

 

地属性ドラフトでは、キューブの枚数は360枚。これを12枚のパイルにして一人5パイルずつ受け取ります。つまり一人60枚ですね。

この360枚のキューブのうち60枚はレアカード、つまり特別協力なカード達で12枚のパイルのうち2枚はこのレアカードが含まれるようになっています。

 

こうして受け取った束を一つ開封し、その中から1枚を選んで(ピックすると言います)残りを隣の人に渡す→回ってきたカードの中からまた1枚をピックして隣の人へ(ry

 

ということを5パイル分繰り返して各自取得したカードで40枚以上のデッキを組みます。

 

ちなみに他の人のキューブではエクストラのパイルは別にすることが多いのですが、地属性ドラフトでは全てごちゃまぜです。エクストラをどれくらい取るか、ということも重要な戦略になっています。

 

地属性ドラフトの特徴

 

採用されているカードについて

  • モンスターカード

地属性ドラフトはその名の通り、全てのモンスターが地属性で統一されたキューブドラフトです。

そのため、地属性をサポートするカードは属性を気にせず最大限のパワーで使用することができます。《地霊使いアウス》も全てのモンスターをパクることができます。

また、新旧問わずマイナーでユニークなカードも多く採用しています。普段のデュエルでは日の目を浴びることは少ないカード達ですが、意外にも強力なモンスターばかりなのでドラフト時にはテキストをよく確認しておくことをおすすめします。

 

  • 魔法、罠カード

汎用性の高いカードをメインとしておなじみのカードからマイナーなカードまで採用してます。

《エクスチェンジ》のような普段では使用自体が難しいカードを使えるのもドラフトのいいところですね。

 

  • 禁止カード

ドラフトでは現行の遊戯王でのリミットレギュレーションは適用されません。

そのため、現在では禁止カードになっているものも山盛りです。

《強欲な壺》《苦渋の選択》《巌征竜−レドックス》も使えます。圧倒的なパワーカードを叩きつけるのはとても快感ですね。

また、現在ではエラッタされているカードもすべてエラッタ前の効果を適用します。

《レスキューキャット》リクルートした 《マドルチェ・ホーットケーキ》で更にモンスターを展開するインチキムーヴは地属性ドラフトではあまりにも有名…)

ただし、ゲームバランスをあまりにも崩壊させるカードは流石に採用されていません。

 

カードの枚数

カードリストを見てもらうとわかりますが、基本的にほとんどのカードが1枚ずつしか入っていません。

これには理由が3つあり、

・いろんな種類のカードを使いたい

・複数回プレイしても違うゲーム体験ができる

ハイランダーに近い構成にすることで柔軟性の高いデッキを作れるようにする

という狙いがあります。

また、テーマデッキのカードも多く採用されていますが、そのテーマのデッキを組むというよりはコミュ力の高いカードや出張セットをグッドスタッフに組み込んでもらうといった感覚がわかりやすいと思います。(これについては下の方で詳しく説明します)

また、プールに3枚存在するカードは左上に青のシール、2枚存在するカードは左上に黄のシール、レアカードは左下に赤のシールを貼っています。

 

f:id:BC58:20191108103847p:plain

プールに3枚あるカード

 

f:id:BC58:20191108103953p:plain

プールに2枚あるカード

 

f:id:BC58:20191108104049p:plain

レアカード

 

採用カードの傾向

基本的には単体、多くても2枚以下のカードで機能するカードのみで構成されています。(ここでいう"単体で機能する"とは最低でも下級アタッカーとして運用できることも含みます)

ドラフトでは構築戦とは違って自分の思い通りのカードをデッキに組み込むことは難しいため、特定の状況下でしか使えないカードは非常に使いづらい傾向にあります。(これを俗にコミュ力の高いカード、低いカードと呼んだりします)

 

X−セイバーで例をあげてみましょう。

《XX−セイバー フラムナイト》は地属性ドラフトのカードの中でも屈指のオシャレカードです。

効果による場持ちの良さ、チューナー、増援対応、そこそこの打点、と非常に高い汎用性を誇り、忘れがちな後半の効果も《XX−セイバー エマーズブレイド》から綺麗に繋がるのでとてもいい感じです。

単体での完成度が高いため、X−セイバーをほとんど集めていなくても是非ともピックしたいカードの一つです。

 

次に《XX−セイバー フォルトロール》を見てみましょう。

こちらは【X−セイバー】デッキを代表するキーカードのひとつですが、使用するために場に2体のX−セイバーモンスター、蘇生するカードも含めると3体のX−セイバーモンスターを用意する必要があります。

構築戦ではこのカードを使用するためにデッキを組むことができるため容易に使用することができますが、ドラフトにおいては必要なカードを自分で集める必要があり、かつ不安定なデッキでこの状況を作り出すことは非常に困難です。

仮にこのカードを使用できるだけのカードを揃えることができたとしても、それを得るために他の多くのパワーカードを流すことになっていることが多く、実際に強いデッキを作ることは難しいでしょう。

 

とはいえ、遊戯王というカードゲームは複数枚のカードによるコンボも醍醐味であるため、単体で運用できるカードのみでキューブを構築すると味気ないものになってしまいます。

そのため、基本的には単体で運用できるカードをメインとしていますが、コンボを前提としたカードも無理なく対象のカードを集められるものに限り採用しています。

 

まとめ

今回は私の作っている地属性ドラフトの概要について説明させていただきました。

キューブドラフトは一度キューブを作ってしまえばお金もかからず何度でも遊べる点が魅力です。(そのキューブを作るのが吐くほどしんどいけど)

また、好きなカードプールで組むことができるので自分の理想の環境を作り上げることができるのも面白いところですね。

最近の環境を知らなくても楽しめるので、元々昔遊戯王をしていたけど引退してしまった、という人にも是非遊んでもらいたいです。

 

 

地属性ドラフトver4.10【チーム戦】結果(19/3/16実施)

bc58.hatenablog.com

【ver4.10】

参加者

ヨコ/りちゅあ/おもち/こた/マスダ/らあゆ/のくっぱ/BC

 

※特殊ルール・チーム戦

レア枚数60→48

ピック枚数→15(ノーマル13レア2) × 3の計45枚

・ピック後、ランダムに2人組のチーム分けを行い、計90枚のカードからメイン30枚以上のデッキを二人分組む。

・相手チーム各人と1戦ずつ、味方を含めて計4戦行う。

・勝利数が同じ場合は両チームの代表者同士でもう1戦行い、勝利チームを決める。

 

結果

【おもち × こた】

チーム戦績 3-0

【おもち】

f:id:BC58:20190318231449p:plain

【こた】

f:id:BC58:20190318231648p:plain

 

【マスダ × ヨコ】

チーム戦績 1-2

【マスダ】

f:id:BC58:20190318231716p:plain

【ヨコ】

f:id:BC58:20190318231747p:plain

 

【りちゅあ × のくっぱ】

チーム戦績 1-2

【りちゅあ】

f:id:BC58:20190318231844p:plain

【のくっぱ】

f:id:BC58:20190318231909p:plain

 

【らあゆ × BC】

チーム戦績 1-2

【らあゆ】

f:id:BC58:20190318231938p:plain

【BC】

f:id:BC58:20190318232014p:plain

 

地属性ドラフトver4.10

bc58.hatenablog.com 

カードリスト

 

カード変更

in

《ダイナレスラー・コエロフィシラット》

《因果切断》

《次元幽閉》 1→2

ノーマル→レア

 《レスキューキャット》

 

 out

《岩投げエリア》 2→1

《サンダー・ブレイク》  2→1

 レア

《爆走軌道フライング・ペガサス》

地属性ドラフトver4.00

bc58.hatenablog.com

リンク召喚について

今verからリンク召喚が実装されますが、マスタールール3からの変更はありません。

リンクモンスターもシンクロモンスターなどと同様にメインモンスターゾーンに特殊召喚してください。

 

カード変更

in

《サブテラーの射手》×3

《サブテラーの戦士》

《サブテラーの導師》

《サブテラーの継承》

《サブテラーマリス・リグリアード》

《マドルチェ・プティンセスール》

《サイコウィールダー》

《ハイパーサイコライザー》

《闇の増産工場》

《魂の転身》

《スクラップ・ワイバーン》

《セラの蟲惑魔》

《機関重連アンガー・ナックル》

 

レア

《精神操作》

《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》

 

 out

 

《ギアギアクセル》2→0

《ギアギアーマー》

《ギアギアングラー》

《ゴッドオーガス》

《古代の機械獣》

《スクラップ・シャーク》

《ディストラクター》

《ゴヨウ・キング》

《H−C ガーンデーヴァ》

《太鼓魔人テンテンテンポ》

《予想GUY》

《スクラップ・ファクトリー》 2→1

《ガイアパワー》

《小人のいたずら》

 

レア

《心変わり》

《洗脳−ブレインコントロール》

地属性ドラフトver3.20結果(5/26実施)

bc58.hatenablog.com

【ver3.20】

参加者

りちゅあ/ヨコ/サイクロン高橋/ヤマト/らあゆ/BC

 

 

デッキ

【ヨコ】 4-1

f:id:BC58:20180528225821j:plain

 

【BC】 4-1

f:id:BC58:20180528225803j:plain

 

【ヤマト】 3-2

f:id:BC58:20180528225825j:plain

 

【りちゅあ】 2-3

f:id:BC58:20180528225817j:plain

 

【サイクロン高橋】 2-3

f:id:BC58:20180528225831j:plain

 

【らあゆ】 0-5

f:id:BC58:20180528225812j:plain