読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BCメモ

遊戯王のドラフトについてまとめるブログ

地属性ドラフト・ルール

ドラフト 遊戯王

基本ルール

基本的にはマスタールール3に準拠して行うが、いくつかの追加ルールを設ける

  • リミットレギュレーションは適用されない
  • 2回目以降の先行はドローあり
  • サイドチェンジはデュエル中でなければ自由に行っても良い(マッチ1本目に元のデッキ内容、枚数に戻っていなくても良い、)
  • フィールド魔法の裁定はマスタールール2までのものを適用する
  • エキストラターン・エキストラデュエルはなし
  • 墓地のカードの順番を自由に入れ替えても良い

フィールド魔法の裁定について

  • フィールド魔法は自分と相手フィールドに存在するフィールドゾーンに発動・セットする
  • フィールド魔法は全フィールドに一枚しか表側表示で存在できない
  • 既にフィールド魔法が存在している時に新たなフィールド魔法を発動・セットする場合はそのフィールド魔法を破壊して張り替えを行う
  • 既に発動されている《歯車街》が、自分が新たなフィールド魔法を発動することによって破壊された場合、《歯車街》の効果はタイミングを逃す
  • 既に発動されている《歯車街》が、自分が新たなフィールド魔法をセットすることによって破壊された場合、《歯車街》の効果は発動できる
  • 既に発動されている《歯車街》が、相手が新たなフィールド魔法を発動することによって破壊された場合、《歯車街》の効果は発動できる

ドラフトの流れ

  1. カード6枚(ノーマル5枚、レア1枚)からなるパックを2パック開封し、その中から1枚のカードを取り、残りを隣のプレイヤーに渡す(これをpickという)。
  2. 回ってきたカードの中からまた1枚のカードをpickし、残りを隣のプレイヤーに渡す。これをカードがなくなるまで繰り返す。
  3. 新たなパックを2つ選択し、1.に戻る
  4. 以上の流れを5巡繰り返し、全てのカードをカードを取り終えたら、40枚以上60枚以下のメインデッキと15枚以下のエクストラデッキを組む。残ったカードはサイドデッキとする。

pickのルール

  • カードは1,3,5回目は時計回り、2,4回目は反時計回りに回す
  • 全員がカードを選択し終えるまで次のカードを確認してはいけない
  • pick中に既にpickしたカードを確認しても良い(その際カードが混ざらないように注意する)
  • pickの制限時間は特に設けないが、スムーズな進行を心がける
  • カードを隣のプレイヤーに渡すときは混乱を避けるために、残りの枚数がわかるようにして、隣のプレイマットの中に置く
  • f:id:BC58:20160909050340p:plain